玉ねぎ

玉ねぎ

おいしい玉ねぎが育つオホーツク気候
少ない降水量と一日の寒暖差が決め手

メインとしても隠し味としても、料理に欠かせない玉ねぎ。球がしまっていて、ずっしり重さがあるものが「新鮮でおいしい」とされています。おいしく育つために欠かせないのは、昼夜の寒暖差。この気温差が、玉締まりの良い良質な玉ねぎを育みます。また、ところ町の年間雨量700ミリという全国有数の降水量の少なさも重要なポイント。玉ねぎは収穫前に根切りし、約1~2週間程度圃場でしっかり乾燥させることで艶の良い保存に適した玉ねぎになります。町内の玉ねぎ選果場で出荷に向けてパッケージ化され道内はもちろん、遠くは道外各地へ送られています。

玉ねぎ栽培スケジュール

生産者の声

生産者の声(田渕 浩基 さん(右)とご家族)
田渕 浩基 さん(右)とご家族

自分の作った玉ねぎを楽しみにしてくれている人がいる

平成27年に就農した田渕さんは学生時代スピードスケート選手として活躍。実はスケート選手には農家出身者が多く、将来の職業に農業を選んだ仲間が全国にいるのだそう。同じ道を歩む者同士、強い仲間意識でつながった友人たちとは今も密接な交流を持ち、それぞれ自分の作った作物を交換し合う。秋に収穫する常呂町産の玉ねぎは、長期間鮮度が保たれ傷みにくいと評判で、「今年も待っているよ」と直接声が届くのが嬉しいとのこと。各地で活躍する友人たちと、同じ農業者として常に自分も肩を並べる存在でありたいと思いながら日々作業に励んでいます。

家族・地域の事

今は両親と仕事をしており、この秋には初めての子どもが生まれる予定です。自分も子供の頃そうだったように、子供にとって身近に両親や祖父母がいる環境で育てられることが嬉しく思います。農業は、朝畑に行って昼食で家に戻ることができる。その時に家族で過ごし、子供の日々の成長を見守ることができるのが今から楽しみなんです。ゆとりある環境で子育てに専念でき、妻にとっても安心できる地域なんじゃないでしょうか。
JAところはオホーツク管内では一番小さな組織。にもかかわらず、若い農業者が多く、就農している同級生も多いんです。同級生は、仲間でもありライバルでもありますが、普段から最新の栽培技術や、家庭の事などもこまめに情報交換をして、家族ぐるみで付き合っているので心強いですし、自分も家庭を持ったことで、常呂町の若い世代の農業者は大家族の家庭も多く、子育ての環境が整った豊かな地域であると気がつきました。

次世代リーダー品質の良いものを、遠くまで

田渕 浩基さん 写真
田渕 浩基さん

市場訪問などでユーザーに「品質」を求められていることを自覚、品質の良いものを遠い地域にまで届け、産地として確立されてきたブランドを守りたいという思いが一層強くなりました。最近は収量性が高い新品種が登場してきましたが、父の代からの経験値と栽培技術の蓄積がある品種を選択し、天候に左右されない安定した品質の玉ねぎを生産しています。そうした技術を受け継ぎつつ、最新の自動操舵システムを導入して誤差の少ないオペレーションを実現。まだまだ頼る部分も大きいですが、これで負担を減らして一緒に働く両親を労わることができたのではと思います。
また、常呂町産の玉ねぎが潅水せずに自然環境に適応した栽培ができるのも、長年培われてきた土づくりと輪作体系が守られてきたからこそ。乾燥が行き届き、瑞々しいのに球しまりが良く長期保存が可能な玉ねぎが育つんです。生産者で組織する「常呂町玉葱振興会」でも良品質の維持と品位を高めつつ、安定供給に努める取り組みを行っています。常呂町の玉ねぎを食べて、ぜひその違いに気づいてほしいですね。

JAところでは「未来を担うリーダーの育成」を積極的にサポートしています