こんな人に向いてます!

  • 気持ちのよい挨拶

    第一印象が何よりも大切!大きな声での挨拶を心がけることで、組合員さんとの距離も近づきます

  • チームワークを大切に

    JAの仕事は多岐に渡るので、自分だけの知識ではなく先輩同僚みんなで共有して行います

  • 高い倫理観

    組合員全員の利益を考えて行動することが何より大切。ところ農業の未来を背負う責任感が必要です

  • 果敢に挑戦する人材

    これまで幾多の困難を乗り越え今日に至ります。困難なことも投げ出さず未来のために立ち向かいます

  • 高い専門知識の探求

    科学が発展し農業の知識は日々更新されます。常に新しい知識を追い求める探求心を持ち続けます

採用の流れ

  1. 1企業訪問
    職場説明
  2. 2応募書類を
    提出
  3. 3試験
    筆記&面接
  4. 4内々定!
    おめでとう
  5. 5内定者
    懇談会
  6. 6入組前
    研修
  7. 7入組

募集要項

応募資格

応募資格 2020年3月卒業見込みの者
四年制大学/短期大学/専門学校
必要な資格 普通自動車運転免許(取得見込も可)
募集職種 総合職
仕事内容 一般事務、金融・共済業務の事務または営業、営農指導
雇用形態 正職員
採用予定 2020年4月1日
採用予定人数 5名程度
勤務地 北見市常呂町
勤務時間 8:45~17:00(変形労働時間制、部署により勤務時間が異なります。)
休日・休暇 信用部:完全週休2日制、祝日、年末年始休暇
その他:1~7月、12月が完全週休2日制、祝日、年末年始休暇
年次有給休暇は6ヵ月勤務で10日間付与されます
結婚休暇、忌引休暇、出産休暇、等
給与 初任給
四年制大学 180,700円
短期大学  158,300円
専修学校  158,300円
諸手当 通勤手当、その他諸手当
(職務手当、家族手当、時間外手当など)
昇給・賞与等 昇給 / 年1回
賞与 / 年4回(6月、8月※、9月※、12月)
※8月は燃料手当、9月は寒冷地手当として支給
各種保険等 雇用保険、健康保険、厚生年金、労災保険
健康保険 北海道農業団体健康保険組合
退職金制度 勤続1年以上で、当JA規定の退職金が支払われます

応募・選考要項

◆書類選考

応募された書類を選考のうえ、試験受験者へ詳細を通知いたします

◆日程・選考方法

オホーツクJAグループ合同採用試験
≪一次試験≫
  1. 試験日:2019年4月18日(木)~23日(火)※2020年度は終了
  2. 試験会場:札幌、北見
  3. 選考方法:筆記試験・合同面接
    筆記:総合適性テスト
    面接:合同面接
≪最終試験≫
  1. 試験日:2019年5月29日(水)※2020年度は終了
  2. 試験会場:JAところ本所
  3. 選考方法:管理職面接
    面接:管理職面接

◆応募締切

2019年4月11日(木)※2020年度は終了

◆応募書類

  1. 自筆履歴書(写真貼付)
  2. 卒業見込証明書
  3. 成績証明書(開封無効)
  4. 健康診断書

◆応募先

〒093-0210 北見市とん田東町
北見農業会館 北海道中央会北見支所
オホーツクJAグループ担当
※郵送の場合は、必ず簡易書留を使用してください
※応募書類は選考のために使用し、返却はいたしません

◆問い合わせ先

JAところ管理部人事担当
電話:0152-54-2121

採用Q&A

出身高校や大学は農業系ではありませんが応募できますか?

採用に関しては学部や学科は問いません。農業・JAに興味関心がある方は、ぜひ応募してください。専門知識については入組後の研修や業務を通じて身に付けることができます。

職員の方は、農家出身の方が多いですか?

採用に関しては農家出身がどうかは問いません。入組まで農業に関わったことのない職員もたくさん在籍しています。農家研修もありますので、農業のやりがいや楽しさを実感していただけます。

採用基準、求める人物像を教えてください。

ところ町のことを好きになってくれる方です。JAところの職員はみんなところ町が大好きです。その想いこそが、組合員への貢献や消費者へのPRのため自発的に取り組みを行う組織を維持していると考えています。

現在はところ町に住んでいませんが、応募することはできますか?

応募者の出身地の制限はありません。現在の職員にもオホーツク管内出身者のほか道内はもとより、本州出身の職員も在職しております。

職員の男女比を知りたいです

令和元年4月時点の職員数は、男性:39人、女性:19人の合計58人となっています。

入組後の異動について教えてください

所属する担当業務にもよりますが、基本的には3~5年に1回の頻度で配置転換が行われます。JAは農家組合員の営農と生活を守るために、様々な業務や部署があります。多くの業務に触れることで、より自分に合う業務を見付けられるでしょう。