【若手職員リレー企画】JAのお仕事のぞき見③-資材課編-

若手職員が「JAところ」を紹介する企画「JAのお仕事のぞき見」第3回は、白岡職員(2015年入組)と尾形職員(2018年入組)が資材課(生産資材店舗)業務をご紹介します。

◆資材課(生産資材店舗)ではどんな仕事をしているの?

資材課は、店舗の商品の在庫管理やお客様から注文を受けた商品(農業資材・肥料・農薬等)の発注、納品、精算を行っています。また、免税軽油の手続きも行っています。部署内は日々たくさんのコミュニケーションをとっているので、明るい雰囲気でとても仕事がしやすい環境だと思います。

肥料の積み替え作業も二人で力を合わせ手際よく行いました

◆仕事のやりがいはどんなところ?

資材課は、接客業なので日々たくさんのお客様がきます。そのお客様との会話で仲良くなれたり、そこでの推進により商品を買ってもらえたりしたときにやりがいや面白さを感じます。

◆思い出エピソード

この仕事をするうえで、やはりコミュニケーション能力はとても大切だなと思いました。自身のコミュニケーション能力を活かし、明るく丁寧な対応でお客様からの信頼を得て、「また資材課で(商品を)頼むね」と言われたときは、本当に嬉しかったです。

撮影日は廃プラ回収で大忙し!資材課に次々と組合員さんが訪れます

◆ところ町の良いところ

常呂町は海産物や農産物に恵まれ、オリンピックの競技にもなったカーリングもできる魅力に溢れた町です!是非お越しください!

常呂町のカーリング紹介はこちら🥌🥌

次回は12月中旬の掲載予定です。お楽しみに!